人間関係をうまく築くなら相手の名前はフルネームで覚える

「佐藤さん」
「田中さん」

損あ呼びかたで呼ばれるよりも
「田中一郎さん」
「佐藤和子さん」
そんな風にフルネームで呼ばれる方がより相手が自分のことを気にかけている感覚になるものです。
なぜなら自分の名前にはだれでもとても強烈な愛着があるからです。

まあ毎回毎回フルネームで呼ぶのはちょっと不自然かもしれませネんが、とにかく相手の名前はフルネームで覚えるように
することおすすめします。
それが人間関係の円あkつなコミュニケーションを築くコツなんです。
確かに苗字だけでも覚えるのが大変なのにフルネームで覚えるなんて大変かもしれません。
でも意外と名字だけで覚えるよりもフルネームのほうが覚えやすいものです。

初対面の時に名前を聞いて
「下のお名前はどんな漢字を書くのですか?」
と尋ねれば
「武です。武士の武です」
と答えられれば
「そうですか。強そうなお名前ですね(笑)」
そんな他愛もない会話が少し加わるだけでぐっと記憶に残るものです。

他にも有名人や芸能人に連想させるのも良い方法です。
吉永小百合の小百合さん
そう覚えるだけでその女性と吉永小百合の顔が紐づけされて、もし名前を忘れてもその女性と吉永小百合さんの顔が連想できます。
すると
「えっと?誰だっけ?名前は・・たしか吉永さゆりの小百合さん
 そうだ上の名前は松村さん」
そんな風にわずかなヒントからするすると名前を思いだすことができうrものです。

とかく営業や大人数の相手をする仕事では同じ苗字の方がたくさんいることも少なくありません。
ちょっと十数人いれば同じ苗字の方が重なるのも珍しくありません。
田中さん
鈴木さん
佐藤さん
重なる苗字だからこそ名字だけで覚えようとしても難しいのです。

そんな時にでも、相手の名前をフルネームで呼べる人こそ人間関係構築の達人となれます。

重なる苗字の要り場合でこそフルネームで呼ぶことで
「あっ、この人 私のことをしっかりと覚えてくれている」
そんな嬉しい気持ちに相手はなるものです。
ささみサロン 評判

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です