病棟薬剤師を悩ませる患者の持参薬鑑別

少し前まではs入院する患者はいったん以前のお薬はやめにして、新しく入院した病院で処方を出し直したものです。
しかし、今は入院前に服用していたお薬は入院する時に持参してもらうようになってきています。

これは包括医療費制度(DPC)があり、最近ではDPCが主流です。
このDPCで新たに医療資源を投入したすべてを分を請求できなくなってきているのです。

そこで入院してきた患者の持参薬を薬剤師が勘別しなければなりあmせん。

子の持参薬の中で
入院ちゅも服用すべきもの
入院中は服用を止めるもの
などに分類しなければなりません。

入院中に新たな処方する薬の量を減らすことは病院経営上では大変重要なことなのです。

入院患者の持参薬を活用するということは、それ以外のメリットもあります。
入院患者に紹介状やお薬手帳などがないということもよかります。
そんな場合に持参薬から、多くの情報が得られます。
なんの薬を飲んでいるのか?
患者さんも知らなかった情報も得られることができます。

この持参薬の鑑別で活躍するのが】薬剤師なのですが、それは簡単ではないこともあります。
今は毎日毎日新しい新薬が開発されています。
また正規のお薬だけでなくジェネリックなど後発の医薬品もたくさん出てきています。
日頃からお薬を毎日見ている薬剤師であっても、一度も目にしたことがないお薬ってよくあるのです。

持参薬を鑑別する時には
①処方箋を毎回異なる薬局に持ち込むことdふぇ、同じ内容の処方箋でも処方されるお薬が異なることがあること
②長年溜め込んだ薬を全部持参してきて、すでに発売中止になっている古い薬が含まれていることがある
③飲み忘れで残数にばらつきがあることもある

持参薬の鑑別については「じっくり慌てずによく見る」ことが大切です。
またお薬手帳の情報も鵜呑みにしてはいけないこともあります。

持参薬の鑑別は薬剤のプロである薬剤師の重要な意見であり、。医師もそれを正しい鵜物都市チェ認識します。
だからこそ慎重に鑑別しなくてはなりません。

薬剤師 転職 育休

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です