住宅ローンが払えない?債務整理の方法と種類

住宅ローンが払えない・・・
そんな場合に自宅を失わずに済むケースもあります。
この住宅ローンが払えない場合に債務を整理しなければなりません。
まず決めなければいけないのが
・自宅を売却するか?
・売却せずに維持するのか?
を判断しなければなりません。
この中で債務整理法によってはかなりの減額ができる場合もあり、自宅を失わずに済むこともあります。

住宅ローンを滞納した場合の債務整理法には
・個人民事再生
・自己破産
があります。
自己破産は自宅を売却して債務を返済する方法です。
これ以外にも任意整理や特定調停という方法もありますが、これらはあくまでサラ金などの住宅ローン以外の債務を整理する時の方法です。

■ 個人民事再生
個人民事再生は、債務者が破産する前に再生・再起できるようにする手続きです。
個人民事再生を利用できれば債務を大幅にカットできます。
個人民事再生には
・小規模個人再生
・給与所得者等再生
がありあmす、
特にこの給与所得者等再生は債権者の同意が不要なので利用しやすい制度でもあります。
また個人民事再生には、住宅ローンに関する督促というものもあります。
これによて住宅ローンの支払期限を延期したり、住宅ローンの元本を据え置きや一部猶予などができます。
住宅ローン督促は小規模個人再生、給与所得者等再生と併用もできるので、住宅ローン以外の債務もある場合は、それも減額で木、住宅ローンの返済を和らげることもできます。

■ 自己破産
自己破産とは支払いの目途がたたずにやりようがなくなった場合、自分から裁判所に破産を申し立てる手続きです。
自己破産すると債務はすべて免責され、借金から解放されmさう。。
ただ、生活必需品をンぼぞ期、自宅やめぼしい財産はすべて失います。
したがって、まさに最終手段ともいえるでしょう。

破産手続きにはある程度の時間を要するため、その期間はそのまま居住することも可能です。
ですので破産しなければならないほどの状況なら、次の買い手が決まるまでに次の住まいを見つけ、そこで生活の立て直しを考える必要があります。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です