自分のサインを綺麗に書くコツ|同じ字が3つある時は大中小

自分お名前の漢字の中に、ひとつの漢字で同じ字が3つ重なる場合がありますか?
例えば
「森本」の「森」
「脇田」の「脇」
「晶子」の「晶」
みたいな漢字です。

個性的でかっこいい自分お名前のサインを書く時に、すべて同じ大きさでは面白みや特徴が出ません。
そこで、櫃順位したがって「大」「小」「中」と微妙に大きさを変えてみてはいかがでしょうか。
森本の森であれば
 木
木 木
の各「木」の字の大きさを
 大
小 中
の大きさに書くのです。
そうすると字の安定感がグッと増します。
これはあくまで目の錯覚かもしれm線が、うまくかっこいい名前の書き方では錯覚も大事です。

自分の名前の漢字を堅苦しくかいても面白みに欠けます。
かといて崩しすぎるのもちょっとカッコ悪い字になりがちです。

では、今度は同じ字が一つの漢字の中にある場合はどうなるのでしょうか?
例えば
「器」の口
「傘」の人
「爽」のメ

その場合は
小 中
中 大
が基本形になります。
全般的に右側に重心が片寄っているようになりますが、見た目には右側が重いとは感じません。

このようにひとつの漢字の中に同じ字が重なる場合にはそれぞれの大きさに微妙に差をつけることによって字に生き生きと個性が生まれます。
同じ字が重なるとどうしてもこちょこちょと小さく書きがちです。
それはひとつのマス目に納めようとしてしてしまうからかもしれません。
確かに一つの漢字の中に形の同じものが重なるとまとめるのも難しい尾があります。
しかし、そのひとつひとつに大きさを変えることによって表情が出てくることも知っておいてください。

ひとつの漢字の中に同じ形が重なる字ほど綺麗に書くのは意外と難しいものです。

しかし、それが自分の名前の漢字である以上避けては通れません。

一度、このバランスを変えて一つの漢字の中にある同じ形のものを少し大きさを微妙に変えてみてはいかがでしょうか?
今までの書いてきた漢字の印象とはかなり変わってくるのが不思議です。
サイン 作り方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です