意外と困難な都市部での車中泊|コインパーキングは治安が悪い

車中泊で日本一周?
なんて車中泊の強者もたくさんいます。
そんなヘビー車中泊ユーザーが頭をなやませるのが都市部での車中泊です。
意外と都市部で車中泊できる場所ってないのです。

田舎の痴呆であr3倍たるところにある大型無料駐車場ですが、都会ではそんな物はなかなかありません。
そうなってくると最悪都市部に多いコインパーキングで一夜を過ごすすことになるかもしれません。

ですのでできるだけ都市部では車中泊を行わないスケジュールの立て方が大切です。
都市部に入る前の高速道のパーキングエリアや道の駅の大型駐車場などで車中泊を行い、できるだけ都市部では泊まらないようにするのです。

また都市部での車中泊は少し物騒でもあります。
それはほとんど都市部で車中泊なんかしている人はいないからです。
車内で眠っていると「コンコン」と警察官から職務市うt門をされるかもしれません。
車中泊のことを知らない人からすれば、車で寝ている人は普通の人には見えないからです。

東京のディズニーランド
大阪のユニバーサルシティ
など都市部にはいろいろなテーマパークもたくさんあります。
車中泊を利用してそれらを回ってみたいというお気持ちはよくわかります。

しかし、都市部では車中泊できるとことが少ないことを頭に入れておいてください。
少々強行軍かもしれませんが、楽しんで疲れた身体に鞭打ってでも都市部から離れたところまで移動して車中泊したほうが良いかもしれません。

そのためには予め事前に立てるスケジュールが大切です。
都市部ならあえて車中泊は潔く諦めてホテルなどに宿泊したほうが安全で快適かもしれないので、そんな選択肢も候補に入れてください。
長い車中泊なら身体もあちこちが痛いはず。
たまには大きなベッドでゆっくりを体を伸ばして眠ることもおすすめです。
そうすれば次の車中泊の度の英気を養うこともできます。

結論から言えば、あまり車中泊の度で都市部をキムいれることはおすすめできませんが・・・
テント 車中泊 どっち

自分のサインを綺麗に書くコツ|同じ字が3つある時は大中小

自分お名前の漢字の中に、ひとつの漢字で同じ字が3つ重なる場合がありますか?
例えば
「森本」の「森」
「脇田」の「脇」
「晶子」の「晶」
みたいな漢字です。

個性的でかっこいい自分お名前のサインを書く時に、すべて同じ大きさでは面白みや特徴が出ません。
そこで、櫃順位したがって「大」「小」「中」と微妙に大きさを変えてみてはいかがでしょうか。
森本の森であれば
 木
木 木
の各「木」の字の大きさを
 大
小 中
の大きさに書くのです。
そうすると字の安定感がグッと増します。
これはあくまで目の錯覚かもしれm線が、うまくかっこいい名前の書き方では錯覚も大事です。

自分の名前の漢字を堅苦しくかいても面白みに欠けます。
かといて崩しすぎるのもちょっとカッコ悪い字になりがちです。

では、今度は同じ字が一つの漢字の中にある場合はどうなるのでしょうか?
例えば
「器」の口
「傘」の人
「爽」のメ

その場合は
小 中
中 大
が基本形になります。
全般的に右側に重心が片寄っているようになりますが、見た目には右側が重いとは感じません。

このようにひとつの漢字の中に同じ字が重なる場合にはそれぞれの大きさに微妙に差をつけることによって字に生き生きと個性が生まれます。
同じ字が重なるとどうしてもこちょこちょと小さく書きがちです。
それはひとつのマス目に納めようとしてしてしまうからかもしれません。
確かに一つの漢字の中に形の同じものが重なるとまとめるのも難しい尾があります。
しかし、そのひとつひとつに大きさを変えることによって表情が出てくることも知っておいてください。

ひとつの漢字の中に同じ形が重なる字ほど綺麗に書くのは意外と難しいものです。

しかし、それが自分の名前の漢字である以上避けては通れません。

一度、このバランスを変えて一つの漢字の中にある同じ形のものを少し大きさを微妙に変えてみてはいかがでしょうか?
今までの書いてきた漢字の印象とはかなり変わってくるのが不思議です。
サイン 作り方